署名数.jpg

川勝県知事

署名提出しました513日(木)​ 

皆さまに集めて頂いた署名を、

川勝平太静岡県知事に提出してきました。

署名数は19,263件です。

署名文を読み上げ、

今後も続けることを知事にお伝えしました。

 

知事は、

・大変力になる。

・国交省とJR東海の強引なやり方では水は守れない。

・ここが頑張りどころ。

・流域住民の思いはここにあると、この署名を国交省に提出したい。

・これで命を失っても本望だ。

・一丸とならなければ水は守れない。

などと仰っていました。

私たちはこれに添えて、署名を集めて下さった子どもたちや、様々な方達からのお手紙をお渡しし、今後も続けることをお約束しました。

私たちの思いは、署名の趣旨に凝縮されているので、ここに再掲したいと思います。

街宣行動に参加された方も、代わる代わるマイクを取って、道ゆく人に訴えました。

 

署名の趣旨

 大井川は南アルプスを水源として駿河湾に注ぐ全長168キロメートルの一級河川です。大井川源流は、豊かな生態系が保全され、ユネスコエコパークにも指定されています。大井川の水流によって流域は発展し、人々の生活は支えられてきました。大井川右岸左岸には用水路が設置され、広く8市2町の水田や畑を潤しています。静岡特産の茶を栽培する牧之原茶園の発展も大井川の水があってこそのことです。さらに、中下流域では豊富に湧き出る良質な地下水を利用して養鰻業が栄え、多くの企業が水を求めて進出しています。まさに流域住民62万人にとって大井川の水は命の源であり生活の基です。JR東海によって進められている「リニア中央新幹線南アルプストンネルエ事」によって、この「命の水」が失われるようなことがあってはなりません。

 水は、現在の生活だけではなく子々孫々、未来永劫守っていかなければなりません。

これらの状況を踏まえ以下のことを要望します

1. 大井川流域8市2町の命の水を守ることと、南アルプスの自然環境・生態系の保全を要望します。

2. JR東海に対して、私たち市民に科学的根拠を示して説明をさせるよう働きかけ続けること 。

3. 県は国交省と環境省に徹底議論と情報開示を要求しており、その姿勢の堅持を要望します。

4. 県環境保全連絡会議の充実を図ることを求めます。

知事.jpg

署名はこれからも続きます

署名はこちらでできます

 

●署名用紙をダウンロード

https://deae1b3a-787d-4d59-9eb2-4db4004050d5.filesusr.com...

 

●web署名

https://www.change.org/.../%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7...

 

●署名ステーションも募集しています

https://ooigawasave.wixsite.com/.../%E7%BD%B2%E5%90%8D%E3...

 

●クラウドファンディングにもご協力下さい

https://readyfor.jp/projects/Ooigawa-River